商品カテゴリー

  • 印鑑作成

  • 名刺作成
  • 印刷・カラーコピー
  • ゴム印作成
  • 認印
  • 合鍵作成
  • オリジナルTシャツ作成

facebook公式ページ

印鑑を作成するにあたって

印鑑をお選びになる時のポイント!!

  • 〈1〉印鑑の使用目的・用途をお決めください
  • 〈2〉印鑑に使う、印材(材質・材料)をお選びください
  • 〈3〉印鑑のサイズ(姓名彫り・姓のみ etc)をお選びください
  • 〈4〉印鑑に彫刻する文字の書体をお選びください

〈1〉印鑑の作成-使用目的は?

印鑑の使用目的は大きく個人様用と法人様用に分かれます。

個人様用

【実印】

各市区町村役場に届け出ること(印鑑登録)により、印鑑証明書の交付を受けることができるようになっている印鑑。
偽造を防ぐため、個別に製作されたものを用いることが多く、転じてその登録をする用途に適した印鑑を指すこともあります。
各市区町村の条例の規定で決められていますが、1人につき1個に限られ、合成樹脂やゴム印など変形しやすいものや、印影の 照合がむずかしいものは認められないものが多いです。
また大きさも、25ミリメートル四方以上や8ミリメートル四方以下のものは認められないものが多いです。
姓名を彫刻したものが一般的ですが、姓のみや名のみでも登録は可能なことが多いです。
慣習上は公正証書の作成や、不動産登記など重要な取引の際に用いられます。

【銀行印】

銀行もしくは証券会社等に口座を開設する際に用いる印鑑。
偽造を防ぐため、個別に製作されたものを用いることが多く、転じてその用途に適した印鑑を指すこともあります。
姓のみで彫刻したものが多いですが、姓名や名のみで彫刻したものでも支障はありません。
誕生のお祝いなどには、名のみを彫刻した印鑑が好まれる傾向があります。

【認印】

一般に申し込みや受け取りなどの証明用として用いられる印鑑。姓(苗字)のみが彫られた既製品が多く、三文判(“二束三文”からと言われる。安価のため)とも呼ばれる。印材にラクトカゼイン等の合成樹脂(プラスチック)を用いたものが多いです。
楕円形のもの(小判型)もありますが、現在はほとんど作られなくなりました。
また、カラフルな印材がここ数年たくさん発売されて特に女性に大人気です。

法人様用

【会社実印】

会社の設立時に必要な印鑑。この印鑑を法務局に登録して会社の実印となります。
彫刻する文字は周りに会社名、中に「代表取締役印」または「取締役印」と彫るものが多いです。
また株式会社ではない場合は、「代表之印」「理事長印」などや個人のお名前を入れる事もできます。

【会社銀行印】

会社銀行印は、会社や法人の銀行口座を開設する際に、銀行に登録する印鑑です。
個人の銀行印と同様に、銀行の預金を動かすときに、「間違いなくその会社であること」を確認し、
第三者による不正な引き出しなどが起こらないようにチェックする機能があります。
彫刻する文字は周りに会社名、中に「代表取締役印」または「取締役印」と実印と同じように彫るものが多いですが「銀行之印」と彫刻して銀行専用の印鑑とすることもできます。

【会社認印(契約印etc)】

実印とは別に契約用や各事業所用などにご用意される印鑑です。
彫刻する文字は周りに会社名、中に「代表取締役印」または「取締役印」と実印と同じように彫るものが多いです。
また「会長之印」「契約之印」や個人のお名前を入れる事もできます。

【角印】

法人(団体、会社組織など)の請求書、領収書、契約書などに、社名や住所に付して確認のために用いられる角型の印。右縦書きで「○○株式会社之印」のように彫られていることが多いです。
法的な根拠はありませんが、商慣習上お作りになられたほうがいいでしょう。
アルファベットの場合に左からの横書きに彫刻する方も増えています。

法人印鑑では そのロゴを印鑑に彫刻することも可能です。
詳しくはご店頭でご相談ください。

〈2〉印鑑の作成-印鑑の材質、印材は?

印鑑を購入される時、一番迷われるのが印材選びだと思います。

●硬度(印面が欠ける可能性の少ないものを選ぶ)

良い印材を使っていても、印鑑は(チタン以外)天然のもので作られているので、欠ける場合があります。もし、実印や銀行印などの登録されている印鑑の印面が欠けたりすると、新しい印鑑を購入するか、はんこやさんに再彫刻してもらい、再登録の手続きをしなければなりません。そのため、できるだけ欠けにくい印材をお選びすることも大切です。

●押しやすさ(朱肉のノリ)

印材のきめが細かいほど、捺印時のにじみは少なく、より鮮明な印影が得られます。

●好み・希少性・お求めやすさ・人気度など

「象牙が安心」「チタンがかっこいい」「見た目(カラー)がかわいい」「高級な印材が良いから」など、お客様の好み、こだわり。または、「印材にはこだわらないので激安な印鑑が良い」というご予算の問題。あとは特にこだわりのない方なら「一般的に人気のある印材でよい」というお考えの方もおられる思います。
以前は企業様納品にのみ人気だったエコ印材も、近年は個人様にも評価を頂けるようになってきました。

用途や好み、ご予算などに合わせてご自分に合った印材で印鑑をお作りになられるのが良いと思います。

〈3〉印鑑の作成-サイズ、大きさは?

印鑑の作成の際のサイズですが、印鑑には特に決まった寸法というものはありませんが、印鑑登録として届ける際に役所によっては大きさや材質(極端に大きいものや小さいもの、ゴムや石などの変形や欠損しやすいもの)に規制がある場合もあります。

男性向き、女性向きがあり、個人の好みも影響しますが、サイズは他の用途の印鑑(銀行印等)と区別のしやすいサイズを選ばれることをお奨めします。
※縦長は、ほとんどの印鑑が60.0mmです。

男性用

◎・・・おすすめ・一般的サイズ  〇・・・お好みによりお選びいただいても問題のない大きさです

  18.0mm 16.5mm 15.0mm 13.5mm 12.0mm 10.5mm
実印    
銀行印      
認め印        

女性用

◎・・・おすすめ・一般的サイズ  〇・・・お好みによりお選びいただいても問題のない大きさです

  18.0mm 16.5mm 15.0mm 13.5mm 12.0mm 10.5mm
実印    
銀行印      
認め印        

〈4〉印鑑の作成-書体は?

印章としての機能は同様であるが、用途によって書体を選ぶ傾向があります。
主に重厚な書体は法人印や実印として好まれ、可読性の高い書体は認印として好まれます。

【篆書体(てんしょたい)】
大篆、小篆、印篆などの総称として呼ばれる。法人の使用する印に多く使われ、個人の場合は実印または銀行印として使用されることが多いです。

篆書体(てんしょたい)

【印相体(いんそうたい)】
篆書体から意匠化・派生した書体で、円周に文字が接するのが特徴です。個人の実印や銀行印として使用されることが多いです。八方篆書や吉相体とも呼ばれます。開運効果があると謳われることもありますが、効果を実証することはできませんが・・・。

印相体(いんそうたい)

【古印体(こいんたい)】
日本で作られた書体といわれ、独特の線の強弱・途切れが特徴。可読性は比較的高く、用途を問わず広く使われます。
当店の既製品(15000種=80円)はこの書体です。

古印体(こいんたい)

【隷書体(れいしょたい)】
可読性が高く、用途を問わず使われます。

隷書体(れいしょたい)

【楷書体(かいしょたい)】
可読性が高く、認印のほかインキ浸透印に多く使われます。

楷書体(かいしょたい)

【行書体(ぎょうしょたい)】
可読性は比較的低いが、柔らかい書体のため認印に使用されています。

行書体(ぎょうしょたい)

お問い合わせはこちらから。ご相談もお気軽に!

TEL:06-6752-1234 【営業時間】〈月~土〉9:30~19:00〈定休日〉日曜日〉〈祝祭日〉10:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら